HOME > 採用情報 > ワーカーズファイル

採用情報

ワーカーズファイル

株式会社ヒラタで活躍している先輩社員に仕事の内容や夢などについて語ってもらいました。
先輩のリアルな体験から、株式会社ヒラタで働くイメージを広げてください。

Workers file01
置塩昌己
神戸営業所
商品管理 主任
京都産業大学経営学部卒
Workers file02
尾崎誠一
大阪営業所
機械部 課長
岡山商科大学商学部卒
Workers file03
小林琢磨
神戸営業所
営業部 係長
日本文理大学商経学部卒
Workers file04
田邉憲作
神戸営業所
営業部
岡山商科大学法学部卒
Workers file05
中島諒子
広島営業所
営業部
広島女学院大学文学部卒
Workers file06
百武真理子
大阪営業所
営業事務
神戸大学文学部卒
Workers file07
村本周亮
横浜営業所
物流
専修大学法学部卒
Workers file08
岡崎裕介
岡山営業所
商品管理
大阪産業大学経済学部卒

Workers file01

置塩昌己

神戸営業所 商品管理 主任
京都産業大学経営学部卒

ケーキが好きな
一人のお客としての視点を忘れない。

 今は商品管理部に所属しています。商品の荷出しから荷片付け、仕分け、メグミルクの発注や事務処理を担当しています。多いときには1日で約100件の仕分け、発送作業をこなしています。
 もともと学生の頃からケーキが好きでこの業界には結構興味がありました。今でも休みの日には、三宮やハーバーランドの洋菓子店をまわってケーキの食べ歩きをしています。ご存知の通り神戸は日本有数の人気洋菓子店が並んでいますが三宮のケーキ屋さんはほとんど制覇しましたね。実際に一人のお客として店を訪れると最近のメニューや味のトレンドがよくわかります。自分が手がけたヒラタの商品がどんな風に店頭で生かされているのかが実感できていいですね。
 とにかくヒラタで取り扱う商品は膨大な数です。最初は名前を覚えるだけでも大変でした。毎日の仕事の中で新しい商品が入荷してくるたびに一個一個自分で覚えていく、そういう意識が大切ですね。将来の夢はヒラタをもっともっと大きな会社にすること。そのためにもプロとしての専門知識、人間としての魅力をもっともっと磨いていきたいと思っています。

このページのトップ

Workers file02

尾崎誠一

大阪営業所 機械部 課長
岡山商科大学商学部卒

知識とノウハウをフルに発揮して
成功店へと導く。

 機械部‥‥と名乗るとなんか機械設備だけを黙々と販売している感じですが本当は、かなり違います。もちろんショーケースやオーブン、冷凍冷蔵庫などの販売&メンテナンスが業務の中心ですが、実際の現場では機械の知識だけではなく、店舗運営や経営に関する知識やノウハウが不可欠です。ハードはカタチも価格も機能もある程度、お客様は分かっている。ただしソフトはといえば???だからこそヒラタが提案しなくてはならないのはそうしたハードを生かしてどんな店を作るか、どうやって成功店に導いていくか、そうした経営ノウハウです。
 実際、機械設備の導入時には開業にあたって様々な相談を受けます。資金繰りから内装・外装デザイン、販促計画やメニュー選定まで、まさにやっていることはトータルアドバイザー。オーナーさんはどちらかというと職人タイプの方が多いのでそうした細かい対応が信頼に繋がっていると思います。事実、開業当初からお手伝いすることでその後の関係はさらに広がっていますから‥‥。今では年間5〜6軒のオープンを手がけるようになりました。自分が培ってきたノウハウをフルに生かしてこれからも成功事例を増やしていきたいですね。

このページのトップ

Workers file03

小林琢磨

神戸営業所 営業部 係長
日本文理大学商経学部卒

“商品は現金‥‥”
食のプロとしてその気持ちを忘れない。

 入社前のヒラタのイメージ。神戸の旧社屋での採用だったので外観はいたって地味な感じでしたが、会社は少人数でもスタッフがとても温かくて“いい職場だな”と思ったのを覚えています。今は大阪営業所の所属です。茨木、高槻、枚方、京都エリアの洋菓子専門店に材料や包材、ショーケースなどをセールスしていて、約70軒くらいのお客様を受け持っています。一日の動きとしては朝、出社して荷出し、積み込み、伝票チェック、事務処理、各エリアを回って帰社後、最後の事務処理といった流れです。
 大阪の前は神戸営業所にいたのですが、おもしろいのは大阪と神戸のお客様のニーズの違い。神戸は注目商品とか新しい情報とか質的なものを特に要求されます。大阪はどちらかというと対応のスピードや価格が求められます。どちらにしても洋菓子店のオーナーさんは個性的な方が多いので接するたびに新鮮で楽しいですね。
 仕事で心がけているのは“商品は現金である”という気持ちを忘れないこと。商品を丁寧に扱うのはもちろん、お客様からの問い合わせに対してもできるだけ2通り以上の答えを提案できるようにしています。当然、安全運転も一番に心がけています。

このページのトップ

Workers file04

田邉憲作

神戸営業所 営業部
岡山商科大学法学部卒

「食べることが好き!」
それがこの仕事で一番大事。

 今は姫路エリアのルートセールスとして洋菓子、パン屋、和菓子屋、カフェを約70件担当しています。トラックで商品を運びながら新商品の提案やお客様の問い合わせに答えたり、新しい情報を持ち寄ったりして営業活動をしています。その中でお客様の相談を聞いたり、時には自分のプライベートな事を話させてもらったりして、より近い存在になれることを目指して頑張っています。実際に自分が売り込んで商品化になったものを店頭やメディアで目にしたときはとても嬉しい気持ちになります。
 ヒラタでは数えきれないくらいの取り扱い商品があり、今も多くのメーカーが新商品を出していて、知らない商品もたくさんあったりするので勉強の毎日です。
 幼い頃から食べることが好きで、特に甘いものが好きな自分は、今でも美味しいお菓子に出会うと思わず笑みが出てしまいます。そういった感情が今ヒラタで仕事をするきっかけになっていて、この仕事をしていく中で一番大事なことだと思っています。

このページのトップ

Workers file05

中島諒子

広島営業所 営業部
広島女学院大学文学部卒

他社には負けない
女性営業を目指して。

 幼稚園の頃、姉と作ったクッキーに感激し、その頃からお菓子作りが大好きでした。食べることも作ることも好きなお菓子の仕事に携わりたいというのがきっかけでヒラタに入社しました。
 入社後約3年は営業事務を経験し、営業に移りました。今は広島市内のケーキ屋さん、パン屋さん、ホテルなど約20件を担当しています。
 仕事内容は、お店に訪問し、メニュー提案や、お店に合わせた原材料の案内を行っています。また、食品だけではなくどのようにしたらお菓子がよりおいしそうに見えるかなどの包材の提案や、他の県ではどんなお菓子が流行っているかなど情報の提供もしています。お店がどうやったら繁盛するか、何を提案したらヒット商品に結びつくのかなどを考え、自分の案内したものが店頭に並んでいるのを見ると嬉しく思います。
 お客様は、ケーキ作り、パン作りのプロなので、そのような方々とお話をする私たちもプロでなければいけません。メーカーや周りの先輩方、上司にアドバイスを頂きながら日々勉強をしています。
 お客様のお問い合せには、迅速な対応を心がけ、求められていることに対して精一杯お応えできるように努めています。ヒラタでは女性営業は少ないですが、他社には負けない、他の人にはできない営業というのを目指して業務に取り組んでいます。

このページのトップ

Workers file06

百武真理子

大阪営業所 営業事務
神戸大学文学部卒

お客様からの「ありがとう」が
やりがいに!

 学生時代からパン屋洋菓子が好きで、よく色々なお店に買いに行っていました。自分が興味を持っていることに関わる仕事がしたいと思っており、ヒラタに入社しました。
 今は大阪営業所で営業事務として、伝票発行・メーカーへサンプル依頼・取寄せ商品の発注・見積書の作成・電話対応などの業務を行っています。
 入社当初は初めて聞く専門用語ばかりで苦労しましたが、徐々に慣れていきました。お客様とは主に電話だけのやり取りになってしまうことが多いので、親切丁寧な対応ができるよう常に心掛けています。
 営業事務という仕事は、ただ電話を取って事務処理をすればいいという訳ではありません。お客様や仕入先メーカー・社内の営業担当の方々にとって仕事がやりやすいよう、その場に応じた臨機応変な行動が求められており、営業活動を支える重要な役割であると思っています。
 実際にお客様からの「ありがとう」のひとことが、すごく嬉しかったし働いていて良かったと感じました。それが日々のやりがいにも繋がっています。今後も社内外の関わる相手の立場に立って考えながら業務に取り組んでいきたいです。

このページのトップ

Workers file07

村本周亮

横浜営業所 物流
専修大学法学部卒

毎日お客様と顔を合わす配送が
ヒラタの看板。

 現在は配送を担当し、1日20軒くらいのお客様に商品をお届けしています。1日の流れとしてピッキング・積込み・配送となっています。
 配送といってもただ商品をお届けするだけではなく、競合他社の情報収集やお客様が今何を求めているかを把握し、担当営業への伝達など、お客様・会社にとって何が大切かを考えながら仕事をしていますね。配送で心掛けていることは「丁寧かつ明るい対応」です。商品を丁寧に扱うことはもちろん、明るく気持ちの良い挨拶をするようにしています。毎日お客様と顔を合わす配送がお客様にとってヒラタの看板であり、ヒラタファンを増やすためにも大事なポジションだと感じています。だからこそお客様から「ありがとう」と言われる度に、また次も頑張ろうと思うようになり、活力にしています。
 この仕事を始めてから、製菓製パンへの興味が湧き、休日にはお店を探して食べに行くこともあります。以前は、ただ食べるだけでしたが、今はこのケーキには何が使われているかを考えることも多々ありますね。
 ヒラタで扱う商品は膨大な数があるため、1つ1つ覚えることは大変ではありますが、知識を増やすことで自分のためにもお客様のためにもなり、また自分のステップアップにも繋がると信じ、これからも勉強したいと思います。

このページのトップ

Workers file08

岡崎裕介

岡山営業所 商品管理
大阪産業大学経済学部卒

商品管理は
会社の基礎となる重要な業務。

 現在商品管理に所属しています。主に商品の荷出しや送り梱包業務、生クリーム等の発注業務をしていて、よく売れる商品を大量に仕入れたりして商品のコントロールをしています。メーカーさんへ価格の交渉なども行い、大量に動く商品が自分の交渉で安く仕入れる事ができた時はやりがいを感じますね。
 昔から甘いものが好きで、週末になると同僚などとお客様のお店に行き、デザートを買っています。全国ネットでお客様がテレビの取材を受けた時など微力ながら貢献できていることを自分の事のように嬉しく思います。
 商品管理の面白い所はクリスマス等のイベント毎に自分が発注したケーキのサンタさんの飾りや柊が、クリスマスケーキにデコレーションされてお客様の店頭に並んでいた時は嬉しいですね。ヒラタの取り扱い商品数は膨大です。今でもわからない商品や初めて見る商品は多々ありますが、最初は先輩が常にそばで教えてくれるので安心して覚えられます。日々色んな事に興味を持つ、そういう意識が大切だと思います。商品管理とは会社の基礎となる重要な仕事だと思っています。
 ケーキやお菓子はお客様を笑顔にします。お客様貢献を第一に考え、そのお客様の笑顔を思い浮かべながら仕事をするように心掛けています。

このページのトップ